スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


今更ながら

ブログサイト名はaikoのアルバムタイトルから
彼との幸せのカケラを忘れないように…
って想いから
『小さな丸い好日』だったんだけど

今日からハローグッバイ。に変更。
彼の事を嫌いになったり、気持ちがなくなった訳でわないけど。
なんとなくなのです。

返信

キミからのメールになんて返事しようって事ばかり考えてた。
キミからの返事であたしは気になる存在じゃないって感じてしまったから。
好きだって言ってくれたはずなのに・・・

そんな思いが交錯する中
どんな返事をしたらいいの?
でも返事をしないことでキミと繋がってる小さな糸が切れてしまうことがあたしにはは1番怖いこと。

だから、返事をする。
キミからのメールであたしの事が好きでもないってのを感じて泣きそうなくらい辛い気持ちを隠して…

素直に喜べない

キミからの返事のメールが届いた
受信箱を開くときのあたしはどきどきして嬉しくて・・・

キミが大丈夫ってことが書いてあって安心した。
でもね…
「あたしのところは大丈夫?気をくけてね」
って一言でも言って欲しかった

そう願うのは、期待するのはあたしのわがままなの?

気になって

心配が溢れそうになってメールした。
「・・・お互いにきをつけようね」って・・・

結構早めの時間だから返事どきどきして待ってたんだけど…
今も返事はないです。

キミはあたしのことは気にならないの?
好きって言ってくれたのに・・・

心配

台風が来るたびにキミは大丈夫かなって心配が募る。
すぐ近くにいないあたし。
テレビを通してキミの住む町の情報を知ることしか出来ない。
でもそれは周りの状況しか知ることが出来ない・・・よ。
一番気になってるキミの状況がわからない。

何よりそれがとても辛い。

好きになる瞬間

ただの友達だったキミを心が好きって思うようになったのはいつなんだろう。

友だちとして「好き」って何度も思ってたけどそれが
友だちとしての「好き」じゃ物足りなくなったのは何時?
たくさんのキミの言葉から
そのままのあたしがいい
この世の中であたしという小さな存在が認められた瞬間。

そこからhあたしはキミを友だちとは思えなくなった。
とても大切で無くしたくない存在になった。

でも、それと同時にもっと必要とされたい、もっと・・もっと・・・ってわがままも期待も不安も手に入れてしまった。

no title

ここはこれでもいいか。